マーチン先生の恋愛教室

中途半端な私たち

「 一緒に泊まっても何もない 」


    25歳、アユミです。気になる彼は元同僚の29歳です。
2年前、スノボを教えてもらったことがキッカケで好きになりました。彼には遠距離の彼女がいたのですが、会社では、周りの人が「付き合っているんでしょ?」というくらい私たちは親しくなりました。

そして、1年前に告白しました。「彼女がいるから」と振られましたが、「私じゃ駄目ですか?」の問いに「今の彼女と出会う前だったらわからなかったかも。付き合うことはできないけれど、今まで通り飲んだり遊びに行ったりしたい」と言われました。それからは特にアプローチすることもなく、グループで旅行や二人で飲みに行ったりしました。

彼も私もお酒が好きなので失敗がよくあって、一人暮らしの彼の家にも数回泊まった事があります。でも、エッチな関係は一切ありません。

また、私と同じ業種に転職するため勉強中なのですが、彼が本を貸してくれたり相談に乗ってくれたりしています。クリスマス前日の夜遅くに彼の家に行ったときも、明け方まで丁寧に教えてくれました。

友人には「変な関係」とか、「貴重な時間を使ってそこまでしてくれるなんて、大切にされているじゃない?」など言われますが・・・彼にとって私はただの友達でしかないのでしょうか? 私は男女間の友情は有り得ると思っているのですが・・・。

本人に聞くのが一番とわかっているのですが、今の関係が壊れるのが怖くて聞けません。彼は私のことをどう思っているのでしょうか?今後どのようなアプローチをしていくと良いでしょうか?


▼ 中途半端な態度をとる男 ▼
マーチン論、男女間には「同性同士のような純粋な友情」は成立しません。友情が成立しているように見える関係の場合でも、そこに存在するのは「男女としての愛情が交じった友情」です。そう考えると、


彼は友達としてみているわけではありません。


では、どう思っているのか・・・?
男性が女性に対して「中途半端な態度」をとるとき。僕は、


好きな気持ちを推し進めようか、止めようか悩んでいる


と思うのです。


▼ 誰も傷つけたくない ▼
彼はアユミちゃんの気持ちには気がついていると思います。「好き」とか「嫌い」という気持ちは、思っているだけで態度に現れ必ず相手に伝わるものです。それに・・・好きでもない男性の家に泊まる女性もいないですからね。

さて、彼には遠距離とはいえ彼女がいます。また、そのことをアユミちゃん自身も知っています。ここで、アユミちゃんと関係を進めてしまった場合、どうなるでしょうか?

アユミちゃんに、「私って、どういう関係なの?」と聞かれるかもしれません。「彼女はどうするの?」と聞かれるかもしれません。するとその後には、


彼女と別れるか、アユミちゃんと別れるかの選択肢しかない


のです。
もちろん、もっと色々な可能性もあります。例えば、何も言われなかったり、「私はこの関係で十分よ」とアユミちゃんに言われるかもしれません。この場合は、二人とお付き合いすることができるかもしれませんが、


それができる男性だったら中途半端な関係にならず
既に関係が進んでいる


はずなのです。
「私って、どういう関係なの?」と言われて、「彼女とは別れるつもりがないけど、君も欲しい」と言える男性の場合でも、同じですね。

こう考えると、彼の性格がかなり見えてきます。
彼は、俗に言う「いい人」でしょう。遠距離の彼女も、アユミちゃんも傷つけないように・・・。そして、自分も傷つかないように・・・。

しかし、それこそが、実は


誰もが傷ついてしまう選択肢


だと僕は思うのです。


▼ ぬるま湯は冷めるだけ!? ▼
例えば、このまま3年が過ぎたとしましょう。
あなたが遠距離の彼女の立場で「これまでの3年間」が発覚したら?アユミちゃんの立場で3年間が過ぎたら、どんな気持ちになるでしょうか?

今の「中途半端」という関係は、毒にも薬にも・・・いいえ、


徐々に毒になっていくしかない関係


なのです。
ぬるま湯のお風呂は、あつ〜いお風呂よりも気持ちいいものです。しかし、いつまで入っても体が温まらず、徐々にお湯が冷めていき、お風呂からでられくなるものです。それと同じなのです。

既に・・・2年が過ぎていることに、気がつかなくてはなりません。

彼は、アユミちゃんとの今の関係を失いたくないのです。
遠距離の彼女も失いたくないのです。

これが今の彼の気持ちなのです。


▼ 矛盾しない行動を ▼
男女関係、一線をひくなら、「矛盾しないライン」で一線をひくことが大事です。

ホテルに行ったけれど何もしない。二人で泊まったけれど何もしない・・・というのは、


行動が矛盾するため、自分自身を更に苦しめてしまいます。


矛盾しないラインまで退いて、恋心にブレーキをかけるか。
矛盾しない行動を取るべく、恋心にアクセルを踏むか。

このどちらかが、必要なのではないでしょうか。


written by Martin 2005.01.26



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る