マーチン先生の恋愛教室

やっぱりあたしは体だけ?

「 恋人がいる人 」
「 昇格者と脱落者 」
「 やっぱりあたしは体だけ? 」

    今回の事例はこのお話です。主人公はUちゃん、2?歳。

あたしが好きになった人には彼女がいました。
でもそれを知ったのは、彼のことを好きになった後でした・・・。

彼は仕事関係の人で、あたしに優しく、面倒も見てくれ、お酒にもよく誘われました。彼女がいるなんて知らなかったし、お互い意識してるのも感じたし、あたしはこのまま恋人になれるような気がしていました。

ところが、ある日一緒にご飯食べてるときに、普通に彼女の話をされてしまったのです。それで初めて彼女がいることを知りました。

・・・どうしようか悩みました。

でも、彼女に勝てなくてもいい遊びでもいいから、相手にして欲しいって思い、自分の気持ちを隠さずに接しようと決めました。

そしてそれからも、何度か食事をしたりお酒を飲んだりしました。

会った後、別れ際に「また会おう、電話する」とは言ってくれるのですが、いつも連絡はありませんでした。あたしが心配になってメールを入れると、電話くれたり予定を立ててくれるのですが、この繰り返しが多くて不安な日が続きました。それであたしは、連絡をするのをやめてみたのです。このままもツライので・・・。

そしたら、彼から電話がきて「逢おう」って言われました。
その日、逢って食事した後に、いきなりホテルに誘われたのです。

どういうつもりで言ってるのか聞いてみたら、「彼女と別れることはできないけれど、Uを抱きたい」って・・・。彼なりに迷って電話できなかったみたいでした。

悲しいし迷ったけど、彼について行きました。

その後、彼から電話やメールがくるようになり、時々逢ってホテルへも行くようになりました。これってやっぱり、体が目的なのでしょうか・・・?

男の人って一度抱いた女のこと、どう思うんでしょう?


▼ 恋人がいる人 ▼
実はUちゃん、この半年後に彼とお別れしてしまいます。
中途半端な関係を続けていくのが不安でツラくなり、Uちゃんからお別れを告げたのです。

そこで、Uちゃんの疑問を考える前に、ひとつだけ・・・。
Uちゃんにもしも間違いがあるとするなら、最大の誤りは、「彼に彼女がいると知って、彼女に勝てなくてもいいから・・・」と思ったことではないでしょうか?


好きな人に恋人がいる。
それは当然のことなのです。


自分が「この人なら」と思って好きになった人なのです。
そんないい人を、他の人が放っておく方がおかしいと思いませんか?


好きになった人に、恋人がいない方がラッキー


なのです。


▼ 彼の心理 ▼
彼女がいるのに、Uちゃんを誘った彼の心理を考えてみましょう。

・・・単なる浮気虫です。

と言ってしまうとミもフタもありませんね。えぇっと・・・

彼女に何らかの不満があった、もしくはマンネリ気味であった。

というのが一般的な解釈でしょう。
そこへ気の合うUちゃんが現れた・・・、と考えれば仲良くなるのも頷けます。

実はこういった状況、実際に経験した方も多いと思います。

そこで普通は、ある程度の仲になった段階で、Hの関係になるかどうかの別れ道があります。

これまた、実際に経験した方もいらっしゃることでしょう。

その後どうなるのか・・・?


恋人へ昇格するかしないかの別れ道がある


のです。
完全に男と女の関係になり、全てを含めて相手を判断するようになるのです。


▼ 昇格者と脱落者 ▼
この違いはどこから生まれてくるのでしょうか?
大きく分けて脱落する場合には、二種類があります。

完全にダメな場合と、おしいけどダメな場合です。

完全にダメな場合は、ご愁傷様・・・という他ありません。
ですから、ここではお話しません。

肝心なのは、「おしいけどダメ」な時です。

考えてみてください。

何年か付き合っているような恋人がいるときに、新しい人が現れました。あなたは恋人とすっぱり別れて、新しい人へいけますか?

明らかに新しい人が全てを上回るなら、それもできるかもしれません。しかし、そうではないなら、これまでの人にある「情」のポイント分だけ、確実に負けてしまうのです。

そのハンデ分、背中を誰かに押してもらうか、手を誰かに引いてもらうかしなければ、新しい人にはいけないのです。

Uちゃんは、彼の手を引いていたのでしょうか・・・?
僕には疑問が残ります。


▼ やっぱりあたしは体だけ? ▼
思っていること、気持ちは相手に伝わります。

「彼女に勝てなくてもいい、遊びでもいいから」

そう思った気持ちは、きっと彼にも伝わったことでしょう。
そしてそれは、彼の手を引くのでなく・・・


後ろ髪を引いてしまった


に違いありません。

「絶対にあたしが彼女になるんだから!」と思っていたなら、結果は変わっていたかもしれないのです。

・・・わかりますか?

もしも、彼がUちゃんを体だけの相手としてしまっていたなら、そうさせたのはUちゃん自身かもしれない・・・ということです。

体を重ねた後に、また逢える相手。
Uちゃんは、「完全にダメだった人」ではなかったはずなのです・・・。

「男の人って一度抱いた女のこと、どう思うんでしょう?」

男は一度抱いた女を「もう一度抱きたい」と思うか、「もう逢いたくない」と思うかのどちらかです。そしてそれは、女性も大差ないのではないでしょうか・・・?

何度でも僕は言います。

プラス志向が大事です。
なりたい将来を、希望を、夢を描いて、それに向かって進んでいきましょう。

   
神様お願い。一縷の望みを叶えて・・・。   May God hear my prayers !
  体だけなんてイヤよ・・・。
written by Martin 2001.10.16



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >



講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る