マーチン先生の恋愛教室

いい相手を見つける方法

「 何かに打ち込むことが、根本的な解決に!? 」


   
「カッコイイ人やカワイイ人は、
それだけでいい人を見つけられていいなぁ・・・」

そんな風に思ったことはありませんか?
そして、それは・・・正しいのでしょうか?

・・・僕は、少し違う気がします。

そして男性はいい女を見つけやすいけれど、女性はいい男を見つけにくい。そんな秘密もあるのです。

今回は、「いい相手を見つける方法」を考えていきたいと思います!


▼ それだけでは・・・ ▼
ものすごい美人でスタイルも抜群!
・・・なんて女性、この世にはたくさんいらっしゃいますよね。

え?身の周りにいないって?
そっそれはっ!僕に言われても・・・☆

さて、その全ての人がいい男を見つけているかというと・・・そうではない、むしろ逆の気がします。結論から言いますと、「美人でスタイルも抜群!」という女性にすぐ惹かれる男性には、いい男が少ないのです。なぜなら


「うわー、イイ女!!」と、
それだけを見て声をかけてくるから


ですね。
この話は、ルックスや経済力が凄い男性に惹かれる女性と同じです。そういった魅力を第一に目指してくる女性に、いい人がたくさんいるとは・・・残念ながら、僕には思えないのです。

外見での魅力が全く必要ないとは言いません。できる範囲、努力はするべきです。しかし、それをメインとして打ち出したり、求めたりするべきではないと思うのです。本当に「いい相手」に巡り逢うためには、


それだけではもの足りない


と思うのです。


▼ 男はいい女を見つけやすい!? ▼
では、「いい相手」とは、どういう相手を指すのでしょうか?
これは、一般的に男性が女性に求めるものと、女性が男性に求めるものを考えていけば辿り着くことができそうです。

男性が女性に求めるものは、自分を盛りたててくれるかどうか。つまり、「応援力」です。例えば、飲み屋さんの女性が、お客の男性の自慢話を「うわー!スゴイ!」と聞いてくれるのは、これを知っているから・・・だと思います。

では、なぜ「いい男」は応援力を求めるのでしょうか?
女性から見た「一般的にいい男の基準」とは、尊敬できて、頭が良くて、リーダーシップがあって・・・そんな男性です。そして、こういった男性は、例外なく自分のやりたいことをガンガンやっていくタイプです。つまり、「なぜ応援して盛りたててくれる女性がいいのか?」というと、


自分がやっていることを成功に導いてくれる、
勝利の女神になるから


なのです。
そして、この応援力。女性が「既に持っている力」なのか、それとも「付き合いながら身に付けられる力」なのかと考えると・・・どちらになるか、わかりますか?

そう、後者に分類することができるのです。
つまり、応援して欲しいなら、付き合い始めてからでも、直接男性がお願いすることができるのです。そうすれば、相手がどんな女性であれ、彼女の努力次第で「いい女」になれる可能性があるのです。

初めに「男はいい女を見つけやすい」とお話したのは、
実は、ここにポイントがあったのです。


▼  女はいい男を見つけにくい!? ▼
女性は、どうして男性に「尊敬、頭の良さ、リーダーシップ」といったものを求めるのでしょうか・・・?それは、


女性が選ぶ性だから


だと思います。

・・・あれ?なんか答えになってないですね☆
ええっと、このお話は、以前にもしたことがあるのですが・・・

例えば、ある女性が365日、毎日違う男性とセックスをしたとします。でも、子供を産むことができるのは365人の中の1人の男性の子供だけなのです。こう考えると、本能的に「365人の中で一番尊敬できる男性を好きになりたい」と思って当然だと思うのです。

女性が男性に比べていい相手を見つけづらい理由。
それは、


女性が男性に求めるものが、
男性自身の質に起因するものだから


です。
例えば、自分に惹かれてきた男性が尊敬できない人だったら、それでもう終わりです。「尊敬できる人になって欲しい」と伝えたところで、すぐにどうこうできるものではありません。この点が、男性が女性に求めることと大きく異なり、いい男選びのネックになっているのです。


▼ 本当の応援と出逢い ▼
こんなご相談がありました。

好きな人が、ずっと病気を患って一年間に何度も入院、手術をくり返している。ある日、「また入院手術することになりました」と聞き、どう言ってあげたら良いかわからず、

「大変そうだね、頑張って」

と伝えたところ、相手の人は深いため息をついてしまった・・・というのです。こんなとき、あなただったら、どうやって相手を励ましてあげますか?

「頑張って」という言葉は、僕はあまり好きではありません。
親切そうに感じますが、なんとも具体性のない、投げやりな言葉に思えるのです。

今回のようなとき、相手に元気を送れるのは言葉ではなく「自分自身の頑張り」です。

例えば・・・

・自分も会社が上手くいっていないけど、あきらめずに
 頑張るから一緒に頑張ろう!
・以前、自分も病気で入院・手術をしたけど、そのときは○○を
 して頑張ったよ!だから、一緒にやってみようよ!きっと元気に
 なれると思うよ!
・ずっと勉強頑張って来年の資格試験絶対受かるから、
 あなたも頑張って!

このように、やることは違えど「共に頑張る」ことができれば、これ以上ない励みとなるのです。

僕はよく「何かに一生懸命打ち込んで燃えましょう!」という話をします。これが、

今回のように「相手を励ますとき」に役立つし、
いい相手を見つけるための根本的な方法でもある


のです。
つまり、

1.何かに一生懸命打ち込んで燃える。
2.あなたの頑張りを見た「別の何かを頑張っている人」から
  声がかかる。
3.一生懸命 頑張る者同士、お互いに励ましあえて成長できる
  二人になれる。

というわけなのです。
容姿やスタイル、経済力といった外的な魅力だけでは、いい人を見つけることは難しいです。あなた自身の「頑張り」から生まれてくる魅力を身に付けて、


同じように頑張っている人


を見つけていきましょう。


written by Martin 2004.12.08



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る