マーチン先生の恋愛教室

グレーな恋が始まったときの進め方

「 3つの方法、あなたはどれを選ぶ? 」


   
「私たちって、いったいどういう関係なんだろう・・・」

主に付き合い始め・・・そして交際中に、そんな悩みを持ったことはありませんか?
恋って、ハッキリした関係になれれば良いに越したことはありません。しかし、なかなかそうでない人が多い・・・そんな気がするのです。


▼ 3つの方法 ▼
あなたの恋がグレーな状態になってしまったとき、
進め方は大きく分けて3つあります。

1.「付き合う」という言葉はなくとも、事実上の恋人(?)になる。
2.友達以上恋人未満の関係になる。
3.ハッキリさせるために決断を迫る。

それぞれに良い点と悪い点があります。
あなただったら・・・どの道を選ぶと思いますか?


▼ 事実上の恋人になるが!? ▼
早速ですが、マーチンお勧めの方法がこれ。
要するに「エッチも含めて事実上の恋人になる」ということです。

恋は・・・というより、この世は「形」よりも「事実」が優先するものです。例えば、親の決めた条件面では申し分ないけど、気持ちがない相手と結婚するより、普通のサラリーマンやOLだけど、大好きな相手と結婚する方が幸せだという考え方がこれにあたります。この方法の良いところは、


成就の可能性を最大限に活かして恋の道を進めること


です。先程もお話しましたが、「人はハッキリさせることが苦手」です。ということは、「ハッキリと“恋人にする!”と決めることも苦手」なのです。つまり、知らないうちに徐々に親密になるこの方法は、成功率が高いと言えるのです。

逆に、この方法の悪いところは、気持ちをしっかり持たないと・・・


「相手はどういうつもりなんだろう?」という不安が、
常につきまとうこと


です。
そして、男性主体のときにこの道を進んだ場合、女性がもてあそばれる可能性があるということでしょう。しかし、これにはちょっと誤解があり、進め方より「初めの相手選びがまずかった」と考えられるのです。

また、ファーストになれなかった場合、フラれるのは当然・・・ですので、実はこれ!悪い点とは言いきれないのです。


▼友達以上恋人未満▼
「相手は関係を進めることを希望しているが、
 付き合おうという話が出ないので、自分がそれを止めている」

そんなとき、友達以上恋人未満の関係になります。
例えば、

・女性から告白したけれど、男性がハッキリ返事をしない
 状態でエッチを求めてくる。
・一度別れてヨリを戻したけれど、相手には新しい恋人がいる。

こんな場合ですね。この方法は、事実上の恋人作戦と違い、「関係を止めておくことで、相手に前向きな決断を促すことが目的」といえます。

友達以上恋人未満の良いところは、


ほぼ傷つくことなく、普通以上の関係を続けられる点


です。
しかし、とても悪い点があるのです。
それは、「自分自身も本心では、早く関係を進めたいと思っていること」なのです。

相手に決断を促すために取っている行動が、自分自身にも我慢を課せてしまうので、相手より先に自分がネを上げてしまうことが多いのです。傷つくことを恐れるあまりこの道に進む人がとても多いですが・・・実は一番イバラの道なのです。
→ヘンにネをあげてしまうと、後ろ向きの決断を促してしまう
  ことになるのです。

また、この関係になるとき、

「こちらは関係を進めることを希望しているが、
 相手から“もうちょっと待って”と言われる場合」

もあります。
例えば、「告白したけれど、相手には好きな人がいる・・・でも、自分のことも好き」なんて場合です。しかし、このときは、「相手に歩調を合わせることがあっても、大前提として口説き続けるべき」というのが正解だと思います。


▼ハッキリしてよ!▼
最後にわかりやすい、「ハッキリしてよ!」と決断を迫る道について。この方法の良いところは言うまでもありません、


今すぐ白黒がハッキリ付けられるところ


です。
逆に悪いところは、


失敗してしまう可能性が高いこと


です。そもそも、相手に決断を迫って「YES」の返事がでるくらいなら、初めから「YES」の返事がでているものです。「YES」の返事ができないからグレーな関係になってしまったハズ・・・なのですから。

付き合い初めもそうですが、交際中で「何か相手がヘンだ・・・」と感じた場合に、「曖昧な関係がイヤだ」という人が、この方法を取ることが多いと思います。

しかし・・・この世の人間関係は「白黒ハッキリしているものはほとんどない」のが現実です。例えば「友達ってなんですか?」と言われて、ハッキリ説明できる人は少ないハズ。つまり、


曖昧な人間関係を、どれだけ良い方向へ持っていけるかは、
対人関係、特に恋においては大切なポイントになる


のです。

・・・。

グレーな関係に悩んだとき、その決断を相手に迫るのは、僕はお勧めできません。「グレーな関係に悩むなら、別れを覚悟して自分から話を切り出す」というのは最後の手段であり、まずは、


「グレーを白にする努力」ができることが大切


なのです。

「あの人はどう思っているの?」と悩む前に
「私はどうしたいの?どうすればこの関係を白にできるの?」

と考え、行動することが大切なのですよ。

P.S.
「私はどうしたいの?どうすればこの関係を白にできるの?」を考えるには、好きな人に「うん、わかった。付き合おう」と言ってもらえる場面を映画のように想像すると良いですよ。それを頭に思い浮かべて、イメージを出しましょう。



written by Martin 2004.10.20



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る