マーチン先生の恋愛教室

出逢いを、ちょっぴり有効に活かす方法

「 誉めるときのコツ2 」


    2004年4月4日。
ゆうきゆう先生主催のトークライブ「444」にゲスト出演させて頂きました。その後半、「誉め殺しゲーム」なるものがあったのですが・・・これがなかなか!?

そこで今回は、誉め殺しゲームを実践して学んだことをご紹介したいと思います!


▼ 誉め殺しゲームって? ▼
「なんじゃ、そりゃ!?」という方がほとんどですよね。
簡単に説明しますと・・・

1.会場の中の誰でもいいので声をかけて・・・
2.その人と「コメント表」を交換し・・・
3.何かひとつ、その人を誉める!
4.こうして、とにかく多くの人に誉めてもらった人が優勝!

というものです。

例えば、僕がゆう先生とペアを組んだとすると・・・

僕→ゆう先生
「“あははは!”って笑い声がさわやかでイイですよね!」

ゆう先生→僕
「今日も元気いっぱいで、ノリノリですよね!」

こんな感じで誉めあって、次々に他の人と交代するわけです。
条件がひとつだけあり、それは、


既に誰かが言っているポイントで誉めてはいけない


ということです。
さあ、あなただったら、どんなことで相手を誉めると思いますか?


▼ 段階1〜2 ▼
会場では、「困った人はマーチン先生のところに!」なんて声がかかったこともあり、僕のところにずらーーーっ!と行列が!

嬉しい反面、「ええ!どうしよう!?」と。
僕とゆう先生の場合、はじめから知り合いなので、簡単に誉められるのですが、他の人は


完璧に初対面なので、何を誉めたらいいかわからない


のです。
そうなると、まず最初は、


お互いに、見た目かな


と。

「こんにちは〜!」
「こんにちは、マーチンです!」
「宜しくお願いします〜☆」
「こちらこそ〜♪」

これだけ。
たったこれだけの会話で誉めるわけですから、見た目しか言いようがないのです。すると、

「かっこいいですね!」
「かわいいですね!」

が段階1。
そして、少し慣れてくると、段階2。

「目がキラキラしててステキですよね!」
「白いジャケットが似合っています!」

と、徐々に体のポイントや洋服などを誉めるようになるのです。


▼ 段階3 ▼
そんな中、僕のところに「わたしも!おねがい、しますー!!」と、4、5歳くらいの女の子がいらっしゃいました。

え?なんで、そんな子がいるのかって?
お母さんと一緒にいらっしゃったのですよ☆

「うん、よろしくね〜」と言ったものの、


うげげ!!これは、何を誉めればいいんだ!?


と、真面目に悩みました。
僕はお世辞や、思ってもいないことを言うのがキライです。なので、言うからには、


自分が本当に「イイ!」と思うことで誉めてあげたい


と思いました。

「かわいいね!」では、あまりに芸がない。
でも、体のポイントも服も誉めようがないし、凝った誉め方をしても、彼女にわかってもらえそうにない・・・。

そこで僕は、「わたしも!おねがい、しますー!!」と元気よく僕のところに来てくれた、その、


元気いっぱい!のところを誉めてあげたのです。


▼ 解説 ▼
ゲームが終わり、解説になりました。
解説の内容は、だいたいご想像いただけると思います。人が相手を誉めるときには、次の段階をへていくことがわかるのです。

1.まず、まっすぐに見た目。
  →「かわいいですね!」「かっこいいですね!」

2.体のポイントや洋服など。
  →「目がくりくりしててかわいいですね!」
    「髪型が似合っています!」
    「緑の洋服が雰囲気に合っています!」

3.その人の内面に通じるもの。
  →「元気な話し方がいいですね!」
    「親しみやすくて、なぜか話しやすいです!」
    「しっかりした話し方で、頼れる感じがします!」


1よりも2、2よりも3が、相手のことをよく見ていることがわかります。

人は、「それはお世辞でしょ〜!」とか、「自分がイヤだと思うこと」以外なら、どんなことでも誉められてイヤになることはありません。そして上記にあてはめるなら、1よりも2、2よりも3の方が、より嬉しく思うのです。

ここで!いきます!!
「新しい出逢いを少しでも有効に活かしたい!」場合、どうしたらいいか・・・おわかりになりますか?

そう!


早い段階で、その人の内面に通じるものを見て、
誉めたり話したりしてあげると、すごく好印象を持ってもらえる


わけなのです。
これが、出逢いを少しでも有効に活かす実践的な方法なのです。

あなたが今、出逢いを求めているなら・・・
新しい出逢いがあった、そのときに。


初対面の5分後に、「その人の内面に通じるもの」で
誉めてあげてください。


すると、きっとその先に、今までと違った展開が待っている・・・と思いますよ。


最後に、僕が言われて嬉しかったことを、いくつかご紹介します。
ぜひ、ご参考にしてみてくださいね!

【段階3】
・親しみやすくとてもステキですね。
 もっと先生のことを知りたくなりました!
・一緒に朝まで陽気に飲んでみたい人です。
・やっぱり聞き上手です!スゴイ!!
・独特のオーラにひきこまれてしまいます☆

【段階2だけど、嬉しかったもの】
・コメントを書いているポーズも素敵です☆


▼ P.S.ありがとう ▼
僕は、さっきの女の子が来てくれたことで、すごく勉強になった気がします。それは・・・


「何を誉めたらいいんだ?」と思う相手でも、
「絶対に相手の良い点を探してみせる!」という視点をすれば
必ず何か発見することができる。


ということです。
マーチン論、「相手は自分の鏡」です。
自分が相手の良い点を言ってあげられるようになれば、きっと・・・相手も自分のことを、そういった目で見てくれるようになると思いますよ。


ekoさん、かわいいネコちゃんをありがとう!  You look forbidding, but you are kind at heart.
 最初は無愛想な人!って思ったけど、
            ホントは、優しい人なんですね。
Illustrated by eko written by Martin 2004.04.04



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る